食べるタイミングを知って美肌効果をアップさせよう!

食べるタイミングを意識しよう

[肌にいいから...]と、やみくもに食べているのはもったいない!実は食べ物には、効率よく栄養素を活用するための、タイミングがあるのです。ちょっとしたコツばかりなの朝昼晩の食事のとき意識してください。

雑穀米の主食で脳のスイッチオン

朝の主食には食物繊維やミネラルを多く含み、かつ低カロリーの玄米や雑穀米がオススメです。効率よくエネルギーに変わる炭水化物の中でも、腹もちのいいのが利点です。また歯ごたえあってよくかむので、脳の活動を促します。

生の野菜&フルーツは朝

朝いちばんおすすめなのが生の野菜や果物です。からっぽの胃腸が、非加熱の生きたビタミンやミネラルをぐんぐん吸収します。数種類をミキサーでジュースにすれば飲みやすく、胃もたれもナシ。体がすっきり目覚ます。

夜は炭水化物を控えて体を休める

[明日に備えて蓄えよう]となるのが夜の時間帯。炭水化物や脂質をため込もうと働くので、よけいなカロリー摂取は極力おさえたいところです。代わりに野菜やたんぱく質中心の食事を心がけて、ムダを蓄積しないようにしましょう。

昼.夜のエネルギーチャージ

一日のうちで活動量が最も増えてカロリーを燃焼する午後に備え、血液や筋肉のもととなるたんぱく質を、昼のランチでしっかりと摂りましょう。ビタミンB群豊富な豚肉、さけ、かつおなど美肌作りに相乗効果アリです。体内のカルシウムの吸収は夜、寝てる間に行われます。だから、牛乳、チーズ、小魚など、カルシウム豊富な食品は夕食時や夜にとると効果的。骨や筋肉といった体の土台作りのために、意識しましょう。

品川美容外科の訴訟について調べる

Related Posts