やっかいなニキビ跡を取り除くためのスキンケア方法

赤みが残るタイプにはビタミンCが有効

ニキビ跡には様々な種類があり、その中には膨らみこそないものの赤みが残っているようなタイプがあります。これはニキビができた毛穴の周辺がうっ血することによって発生したものであり、取り除きたい場合はビタミンCを含んだ化粧水や美容液を使用してのスキンケアが有効です。

ビタミンCには皮脂の発生を防ぐ効果やニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する作用、そして皮膚の炎症を抑える働きがあるので、赤みが残ったニキビ跡を治療する効果があります。スキンケア用品の中にはビタミンC誘導体の役割を持つリン酸やAPPSなどが含まれているものがあり、そうした化粧品をするとビタミンCは素早く肌に浸透し、素早く治してくれるのでオススメです。

茶色のシミができた場合はピーリングをしましょう

ニキビの跡には他にも茶色のシミが残ってしまうタイプがあります。これはニキビによって毛穴周辺の毛細血管が損傷および出血してしまい、流れ出た血液が色素として残ってしまうために起きるものです。このタイプのニキビ跡を取り除くには古くなった角質をはがすピーリングが必要となります。

ピーリングは専用のピーリング剤を用いておこなうのですが、肌への刺激が強いので、なるべく酸度の低いピーリング剤を使用するようにしましょう。また使用頻度は週に1回ないし2回で十分です。ピーリングをすると古い角質が取り除かれ肌の抵抗力が一時的に下がってしまうので、施術をした後は化粧水や美容液を使って入念なスキンケアをおこない肌を守るようにしてください。

品川美容外科の2chについて調べる

Related Posts