化粧水を使っているのに肌が潤わない?それは使い方が原因かも

化粧水は使う量も大切!

毎日しっかりと化粧水を使っているのに、なかなか潤わないという事ありませんか?効果がないから違う商品を買う、そんな繰り返しになっている人もいるでしょう。中には高い化粧水を色々試して、お金を無駄にしてしまったという人もいるかと思います。

実は、効果がでないのは化粧水のせいではなく、使っている量が少なすぎる場合があります。高い化粧水だと、勿体ないからちょっとずつ使う人っていますよね。でも、これでは化粧水を使っている意味がありません。それだったら、安い化粧水を惜しみなくつける方が、効果が出る事が多いんですよ。化粧水はつけた量が、そのまま肌に吸収されるわけではありません。多くが蒸発してしまうので、なるべくたっぷりつける事が大切です。

化粧水をつけた後のケアも大切!

化粧水をつければ、それだけで肌が潤うと思ったら大間違いです。化粧水をつけただけだと、どんどん水分が蒸発してしまい、時間が経つと乾燥してしまいます。これを防ぐためには、化粧水をつけた後のケアが重要です。

良く使われるのが乳液ですが、これだけだと潤いが長続きしないという方も多いでしょう。そういう方におすすめなのが、乳液の代わりにワセリンを使う美容法です。ワセリンは保湿力が高く、効果が長続きするというのが魅力です。勘違いしてはいけないのが、ワセリン自体に肌を潤わせる効果はないという事です。重要なのは化粧水でしっかり肌を潤わせた後、ワセリンで蓋をしてあげるという事。こうする事で、化粧水の成分が肌に留まり、長時間潤いが続くというわけですね。この組み合わせで、普段よりも化粧水の効果がアップしますよ。

品川美容外科の判例まとめサイト

Related Posts