お腹が空いていないけどなにか食べたい!空腹感を誤魔化す方法3選

物を噛んで満腹中枢を刺激する

物を噛むと、満腹中枢が刺激されます。よく噛んで食べると少ない量で満足出来ると言われているのは、満腹中枢が刺激されるからです。そのため空腹感を誤魔化すには、なにか物を噛むとよいです。ガムやスルメなど、カロリーが少なくて噛みごたえのある物がオススメです。噛みごたえがあっても、カロリーが高いものだと太ります。

水分を摂取して満腹感を得る

水や低カロリーな飲み物を飲んで、空腹感を誤魔化す方法もあります。水分を摂取することで、一時的に胃が満たされます。そうすることで、空腹感を誤魔化すことが出来るのです。また、人間は体の水分が減ると食べ物から水分を摂取しようと本能的に考えます。したがって、飲み物を飲むことで体内の水分が満たされ空腹感が和らぎます。

適度な運動をして血糖値を上げる

空腹感は、血糖値が下がることで感じます。空腹のときに運動をすると、肝臓に溜め込んでいたブドウ糖が血液に流れ出して血糖値が上がります。それにより、血糖値が上昇して空腹感を誤魔化すことが出来るのです。ただし、激しい運動を行うと気分が悪くなる場合があるため気をつけましょう。

偽物と本物の食欲の見分けかた

空腹感を誤魔化す方法は、あくまでも偽の食欲が湧いてきたときにのみ行うようにしましょう。偽物の食欲と本物の食欲の見分けかたは、空腹感が急に襲ってきたのか、それとも徐々に襲ってきたのかがポイントです。偽物の食欲は急に襲ってきます。なおかつ、特定の食べ物を欲するという特徴があるのです。甘い物やジャンクな物を食べたくなる傾向にあります。

品川美容外科の起訴について調べる

Related Posts