意外な美容法!ドライヤーの使い道について

ドライヤーを使って化粧崩れを防ぐ

髪を乾かすための道具としてドライヤーがありますが、他にも使い道がたくさんあります。使い道としては、まずドライヤーを使うことによって化粧崩れを防げるというものです。化粧崩れを防ぐ方法としては、朝のお化粧を行っている最中に使うことになります。化粧をする前には化粧水や乳液を塗りますが、塗った後にはドライヤーの冷風を当てて冷やします。次にリキッドファンデーションを塗り、ドライヤーの冷風を当て、メイクを仕上げます。こちらを行うことで化粧崩れが起きにくく、化粧直しをする手間も省くことができます。

肩にドライヤーを当てて血行を促進

女性の肩に多い肩こりや冷え性ですが、ドライヤーでそちらの症状を緩和させることができます。これらの原因としては、血行不良となり、血行不良になることで美容の面でも大きく影響を及ぼします。方法としては、特に手間もなく、肩にドライヤーを当てるのみとなります。肩にドライヤーを当てることによって血行が促進され、体の不調を治すと共に美容面にも良い効果が現れます。

まつげのカールを長持ちさせる

ドライヤーを使うことで、まつげのカールを長持ちさせることができます。方法としては、ドライヤーをまつげに当てるのではなく、ビューラーにドライヤーの熱風を当てて温めます。ビューラーを温めることによって、ホットビューラーとなり、いつもよりカールを長持ちさせることができます。ただ、ビューラーを温めすぎてしまうと火傷をしてしまう可能性があるので、ビューラーは5秒から6秒程度温めて使用するようにしましょう。

品川美容外科の判例について調べる

Related Posts